Top >  健康とは? >  タンパク質と病気の関係

スポンサードリンク

タンパク質と病気の関係

私たちの体のさまざまなパーツ(骨・筋肉・髪の毛・脳・内臓・ホルモン・神経伝達物質・血液・遺伝子に至るまで)は、水分とタンパク質から出来ています。
このタンパク質の原材料はアミノ酸で、このアミノ酸も脚光を浴びている栄養素の一つです。
アミノ酸を100個以上用いることにより、1種類のタンパク質が作られます。
またそのタンパク質は、毎日1000分の1グラムで成長期の子供やスポーツをする人は、1.2〜1.5倍必要とされています。
人にはそれぞれ「体質」といわれるものがあり、それはタンパク質を体内で製造する能力にもいえることです。人により体内で製造する能力が異なり、製造能力が低いということは、量産が出来ないということになります。結果、当然タンパク質が不足がちになり、病気や怪我の誘発につながる。
また慢性的欠乏層に冒されたり、心身不調を引き起こす原因にもなります。
生まれつきタンパク質をじゅうぶんに作れない人、インシュリンを作る能力が低く糖尿病になる人、ウイルスに感染しやすい人などそれぞれ人により異なった症状がありますが、これは全てタンパク質の製造量と関係しているのです。
人によりかかりやすい病気や持病があるのは、このようにタンパク質製造能力差が関係しているといえるのです。

 <  前の記事 カロリーと栄養  |  トップページ  |  次の記事 体におけるバランスの大切さ  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

玄米を通販で

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「健康、運動、食生活」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。