Top >  健康とは? >  体質と遺伝の関係

スポンサードリンク

体質と遺伝の関係

同じ両親から生まれた兄弟であっても、さまざまな性格の違いがあるように、人間の体にある遺伝子レベルから考えても「平均・平等」には作られていません。
ソックリな顔をした兄弟でも、遺伝子の配列に大きな違いはあります。
ですので、同じ栄養を摂取しても、栄養の吸収力や利用される割合が異なるのです。
同じものを食べているのに、兄のほうがスポーツ万能、弟は成績優秀、といったことはよくある話ですよね。
更には、運動によるエネルギーの消費量にも個人差があります。
これは運動時だけにいえることではなく、終わった後にもいえることです。
運動が終わると筋肉が発熱するため、体のエネルギー放射は続きます。
ここで筋肉量の少ない人・運動不足の人・倹約遺伝子を持っている人などは、当然エネルギー消費が少なくなります。
同じ運動をしても、筋肉の量や運動の仕方・フォームなどによって、差が出てきます。
両親の体質を調べ、先祖の体質情報を得ることで、自分自身のことがおおよそわかるといわれています。

 <  前の記事 個人により異なる栄養の必要量  |  トップページ  |  次の記事 栄養素と体調の関係  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

玄米を通販で

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「健康、運動、食生活」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。