Top >  健康とは? >  体の防御機能(免疫機能)

スポンサードリンク

体の防御機能(免疫機能)

私たちの体の中には、免疫機能といわれる体内に侵入した異物を攻撃する機能が備わっています。
その免疫機能の主役ともいえ司令塔の役目もする、それがB細胞やT細胞といわれるものです。
このB細胞やT細胞が活性化されることにより、NK(ナチュラルキラー)細胞といわれている健康維持や病気予防にとても重要な働きをもつ免疫細胞(ウイルスやガン細胞を退治してくれる細胞)が増殖し、その結果働きが活発になります。
ですのでNK細胞の働きが衰えるということ、これは免疫力が衰えるということになります。
免疫力が低下することにより、体の防御機能が弱くなります。
疲れが溜まりやすくなる、細菌やウイルスに感染しやすくなる、不眠、血圧異常、冷え性、皮膚炎、勢力減退、リウマチなどといったことを引き起こす原因になるのです。
またNK細胞の活性は、私たちの健康を維持するためにはとても重要なのです。
ストレスにより簡単に低下してしまうNK細胞、健康を維持するためにも最も大切な細胞とういことです。

 <  前の記事 日常生活のなかの運動  |  トップページ  |  次の記事 健康とストレスの関係  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

玄米を通販で

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「健康、運動、食生活」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。