Top >  健康とは? >  健康とストレスの関係

スポンサードリンク

健康とストレスの関係

健康でいるために日々気をつけていることの中には、「適度な運動」「体に良い食品をたべる」「充分な休養と睡眠の摂取」などがあるかと思います。
またこれらを欠かさずにすることにより、その効果があると考えられています。
しかしこの生活スタイルを義務付けられているように捕らえてしまい「・・・ねばならない」と考えてしまうと、それ自体がストレスになってしまうのです。
一般的には、お酒は飲まないほうがよいといわれていますが、仲間と楽しみながら適量のお酒を飲む、という行為は、免疫力が上がるというデータもあります。
また高齢者は控えたほうがいいといわれている、カフェインが含まれているコーヒーや紅茶なども、最近では、カフェインが脳を刺激することがわかってきました。
このことから考えても、一般的には悪いと言われていることでも、節度を守り、自分が幸せを感じることが出来るのなら、それは健康へとつながるということです。
運動も同じように考えることができます。
適度な運動は、健康のためにも必要です。
ただこの運動も、できないときにイライラ感を感じてしまうようなら、それはストレスへとつながります。
ですので「また今度、時間が取れた時にしよう」そう思えるくらいの気持ちでいることです。
同じ状況におかれていても、気持ちの持ちようです。
それによりストレスをためることなく、健康でい続けることが出来るのです。

 <  前の記事 体の防御機能(免疫機能)  |  トップページ  |  次の記事 消化器官とラクトフェリン  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

玄米を通販で

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「健康、運動、食生活」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。