Top >  健康と運動 >  トレーニングと寿命

スポンサードリンク

トレーニングと寿命

ショッキングな報告が、1992年に世界オリンピック委員会により報告され、世界中のスポーツ関係者を震撼させました。
「年少の頃からのトレーニングと栄養指導の善し悪しが選手たちの寿命を大きく左右する。オリンピックで活躍したメダリストとメダルを獲れなかったオリンピック参加選手の平均寿命を比べると、メダリストは7〜8年寿命が短い」ということです。
日頃のトレーニングと栄養指導が、選手生命どころか人間としての寿命に大きな影響を及ぼすということを知り、現場の体育指導者たちは青ざめました。
みなさんの記憶に残っているような出来事としては、アトランタオリンピックで世界中に感動を与えた、フローレンス・ジョイナー選手。
彼女も25歳という若さで心筋梗塞のために亡くなくなりました。
またジョギングの教祖と呼ばれた「ジェムス・フィックス」というアメリカ人。
彼は52歳のとき、ジョギング中に心筋梗塞で突然この世を去りました。
ジョギング中による突然死、これはスポーツの中では圧倒的に多いのです。
次いで多いのが、中高年から始める方も多い、軽い運動というイメージがあるゴルフなのです。

 <  前の記事 プロスポーツ選手と健康  |  トップページ  |  次の記事 健康と「食」  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

玄米を通販で

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「健康、運動、食生活」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。