Top >  健康と運動 >  野外で行うスポーツ

スポンサードリンク

野外で行うスポーツ

野外でスポーツを行うこと、これは紫外線を浴びながら運動をすることになります。
例えば、ゴルフ・テニス・トレッキング・山登り・ダイビング・ヨット・カヌーなどがそうですよね。
年々、深刻なほど破壊されている地球を保護するオゾン層。
この状況では、直接人体に紫外線が放射されているともいえるのではないでしょうか。
最近では、この紫外線が問題視され始めています。
それほどハードでない運動でも、野外で行うことにより、運動中に紫外線を浴びることになります。
紫外線は、活性酸素の発生を増加させるということから考えても、健康面から考えるとハードなトレーニング以上にダメージを受けていると言ってもよいでしょう。
また紫外線により、活性酸素が増えるということから考えても、遺伝物質を傷つける、細胞膜を過酸化脂質に導く、タンパク質の網状組織や集合体を誘発する、膜組織の酸素を不活性にする、皮膚がんになりやすい状態にする、こういったことを引き起こす強烈な悪玉ともいえるのです。

 <  前の記事 プールと体の関係  |  トップページ  |  次の記事 日常生活のなかの運動  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

玄米を通販で

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「健康、運動、食生活」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。