Top >  健康と運動 >  日常生活のなかの運動

スポンサードリンク

日常生活のなかの運動

健康であるために最も着目すべき点、それは日常生活の中で体を動かす習慣を持っているか、ということです。スポーツやハードな運動をしていなくても、家事や育児であっても構いません。
普段から体を動かす習慣を持っているだけでも「廃用症候群」は抑えられるというのです。
この廃用症候群とは、日常の生活の中で体を動かすことが少ないがために生じる、心肺呼吸機能の低下、日常生活での活動の制限のことなのです。
だれもが加齢とともに持久力(酸素摂取量)が低下していきます。
しかし活動的な人は、活動的でない人と比べると、体力は落ちないのです。
スポーツをする時間がない人やハードなトレーニングが出来ない人には、散歩、水中ウォーキング、軽い体操、ヨガ、足踏みなどの「軽運動」をおすすめします。
また入浴する時には、少しの工夫をするだけでも、入浴時の運動効果が期待できるのです。
「筋を伸ばす」「関節を動かす」「リラックスする」「ぬるま湯に長く入り発刊を高める」など工夫してみてください。
意識して体を動かす、この意識こそがすべての動作を健康へとつなげるのです。

 <  前の記事 野外で行うスポーツ  |  トップページ  |  次の記事 体の防御機能(免疫機能)  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

玄米を通販で

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「健康、運動、食生活」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。