Top >  健康と食生活 >  共通の栄養代謝と日本人特有の栄養代謝

スポンサードリンク

共通の栄養代謝と日本人特有の栄養代謝

共通の栄養代謝システムとは、?@体内ホルモンであるインスリンでしか血糖を下げることができない(飽食に準備出来ていない)。
?A飢餓に対応できるように、余剰カロリーは脂肪として蓄える。
?B人の体が炭水化物を摂取を重視している証拠として、唾液と膵液から炭水化物の代謝酵素であるアミラーゼを分泌する。
?C食べるものによって使用する歯が異なるので、歯の黄金バランス(犬歯4本・切歯8本・臼歯20本)にあった割合で食べることが大切。
?D日本人特有の栄養代謝システムは、カロリーを抑え、ビタミン・ミネラル・繊維質などのサブ栄養素を多く摂る文明によってもたらされている。
日本人特有の栄養代謝システムとは、?@消化しにくい穀物からしっかり栄養を吸収するために、日本人の腸は欧米人より1メートル腸が長い。
?A日本人は農耕民族なので乳糖不耐症の人が大半である。だから乳糖を分解する酵素の活性が低い。
?B穀類・炭水化物のような繊維質を含む食品中心の生活に合わせて、インスリンをゆっくり分泌する。
?C世界で3番目にやせにくい体質を持っている、といわれている日本人。
1日の基礎代謝量が、通常の人より200カロリーも少ない人もいるといわれ、倹約遺伝子を4割の人がもっている。?D農耕民族が農業を捨てた結果、筋肉労働から頭脳労働へ。
生活スタイルの変化により運動の量が激減している。

 <  前の記事 栄養素と体調の関係  |  トップページ  |  次の記事 病気と栄養素  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

玄米を通販で

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「健康、運動、食生活」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。