Top >  健康と食生活 >  病気と栄養素

スポンサードリンク

病気と栄養素

体内で合成できない「ビタミン・ミネラル・抗酸化物質」。
これらがバランスを考えた上で、最も足りない栄養素であり、必要不可欠な栄養素といえます。
では、体内合成できない栄養素はどうすればよいのでしょうか? 
生活習慣や食習慣から誘発されやすい病気に対して、個人差を合わせて考えながら、どのような栄養素が必要なのかをしっかり考えていきましょう。
まず、必要量のビタミン・ミネラル・抗酸化物質を取り入れることができるものといえば「緑黄色野菜」。
日本人は、今まで積極的に充分な量を食べることで生きてきました。
しかし現代生活において、緑黄色野菜だけでこれらの必要量を満たすためには、毎日ボール3〜5杯のサラダを摂取しなければなりません。
加熱調理を行うと、どうしても塩分や糖分の摂取が増えてしまいます。
大量の緑黄色野菜を摂取するということが、多忙な現代人においてどれだけ難しいことなのでしょう。
まずその問題を解決することが、栄養素を摂取するためには重要なことかもしれませんね。

 <  前の記事 共通の栄養代謝と日本人特有の栄養代謝  |  トップページ  |  次の記事 野菜の摂取量と摂取方法  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

玄米を通販で

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「健康、運動、食生活」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。